Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://harmonyandmelody.blog106.fc2.com/tb.php/199-eb12e526

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バーディーに愛をこめて

昨日の明け方、実家にいるバーディー(二十歳)が息を引き取りました。

もうだいぶ寝たきりでしたが、とうとう数日前からご飯やお水を食べなくなり、いよいよかもしれない…と家族で心配していました。

5.7kgあった体重は2.8kgまで減り骨と皮だけ!という感じでしたが、それまでは食欲もあり排泄もきちんとしていました。
食べられなくなったらおわりかなぁと思っていたし、もう二十歳でありえない位の長生きなので覚悟はできていましたが、連絡を受け悲しみでいっぱいになりました。

月曜日わたしも休みだったので昼間水も飲めないバーディーが心配でむすこを連れ様子をみてきました。
ウンチをふいてあげ、おしっこシーツをかえ、水をスポイトで飲ませ、体と頭をたくさん撫でてきました。
体温がかなり低くなっているようで前のような温かさもこの時あまりありませんでした。
前の日にきちんとお世話ができよかったなぁと思いました。

バーディーとの思い出、たくさんあります。

二十年も一緒にいたんです。
私が10歳の時から一緒でした。

赤ちゃんの時は本当に可愛くて、初めて飼う犬だったので甘やかしました。
父のゴルフショップに付き添い、隣のペットショップであまりの可愛さに釘付けになりあの子が欲しいと妹と泣いてせがんだこと。
最初は夜鳴きもあり、バーディーがさみしくない様に夜中に自分の部屋から起きて和室で一緒に寝たこともありました。
一緒に名古屋や木曽福島、いろんなところにいきました。
車の中では高速道路の係員や警察官に噛みつきそうなくらい吠えていました。
毎日のように足を噛まれ泣いていたけど、可愛がっていた妹。
ソフトクリームをあげたら舐めないでパクッと全部食べられて大笑いしたこと。
泣いているとペロペロと涙をなめなぐさめてくれたこと。
やがてあんりがやってきてあんりにやられっぱなしだったバーディー。
あんりがこどもを産んでフィーちゃんと三匹並んで歩いていたこと。


色々な思い出、バーディーと共に大人になりました。
バーディーがいた二十年は家族の歴史で思い出です。
悲しいけれど、感謝と温かい感情があふれてきます。

あんりが亡くなって二年。
悲しくても前を向けたのはバーディーのおかげ。
本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。





昨日、バーディーは骨になってお家に帰りました。
とうとう二匹ともいなくなっちゃった(;_;)
バーディーが居た場所、ぽっかりと穴があいたようです。
当たり前のことが当たり前でなくなる日、今という時間がより大切になりました。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://harmonyandmelody.blog106.fc2.com/tb.php/199-eb12e526

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

profile

むーみん

Author:むーみん
2011年1月満月におつきさまのようにまんまるの男の子のママになりました。
だんなさまとむすこ、ピアノとおしゃれをこよなく愛する。

no music no life..
no family no life...
no fashion no life....
no love no life♡

poohの成長曲線

ぷーさんの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。